読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐぶろぐ

樋口しゅうじは日記を書いたり書評を書いたりします。

お酒をやめた話

こんばんは、樋口しゅうじです。

 

もうかれこれ3年近くお酒を飲んでいません。

 

1滴も。なんだったら、チョコとかにお酒が入っている場合は、

吐き出してすらいます。

 

コンビニとかでお酒の前を通っても何も思いません。

もはや、ビールの味も思い出せないくらいです。

 

でも、どうしてもツライとき、一時的に気分を紛らわせるために、

飲んでしまいたい時があります。

 

それは、味がどうとか、人生の潤滑油だとか、そんな話では

全然なく、ただ脳を麻痺させてしまいたいだけなのだと思います。

 

いつの頃からか、「お酒を飲んでも現実は変わらないから、

抱えている問題や不満の解決が遅くなるだけだ」と感じるように

なりました。

 

でも、見方によっては、そんなことを言っていられるうちは

まだまだ序の口なのかもしれません。

 

あるいは、耐えようとか、克服しようとか、そういうある種の

マッチョな超人主義的思考を続ける限り、肝心のところは

解決されないのかもしれません。

 

耐えることで、状況が変わることを受動的に待っているならば、

それはなんらかのトライを生まないわけで。お酒に逃げようが、

「忍耐」に逃げようが、本質的には同じなのかもしれませんね。

 

もしそうだとするならば、そのマッチョな思考を脱却した時、

やはりお酒を飲む必要は無くなっているのだと思います。

 

結局のところ、いずれにせよお酒を飲む必要はない状態が

僕にとっては望ましい、ということになりそうです。

 

より正確にいうならば、少なくともお酒で紛らわせてしまうのは、

解決を遠ざけていることになる、ということでしょうか。

 

お酒との適度な距離を保てる人には、なんの関係もない話でした。

 

今日はこのへんで。